キャンパス

Fuquaのキャンパス

フュークアは広大なデューク大学の中において、西キャンパスの現在の位置に1983年に移動しました。フュークアの東棟(East wing)と西棟(West  wing)は、1974年から96年まで学部長(Dean)を務められたトーマス・F・ケラー氏に敬意を表してケラー・センターと命名されました。東棟には、MBAプログラム用の6の階段教室、6つの小教室、30のチーム学習用小ルーム、そして、大講堂があります。さらに東棟内には、教授やスタッフのオフィスや、2つのコンピュータールームがあります。西棟は、教授とスタッフのオフィスが大部分の面積を占めています。

東棟と西棟の間には、2001年にオープンしたフォックス・ステューデント・センターがあります。ここでは総ガラス張りの巨大な空間の中で、ダーラムの美しい森林風景を堪能しながら世界各国の料理をカフェテリア形式で味わうことができます。また無線LAN網が構内中に張り巡らされているため、フォックス・センター内のゆったりとしたソファーやテーブルで、学生たちがチームミーティングを行うこともできます。センター内には、3つの教室とスタッフ用のオフィス、Ph.D.プログラムの学生用の勉強室、学生の着替え室やシャワールームもあります。

そして、2008年8月には、フュークアの玄関口として、ブリーデン・ホールがオープンしました。前学部長のダグラス・ブリーデン氏の名に因んだこの5階建てのホールには、3つの階段教室、2つの小講堂、チーム学習用小ルーム、また図書館があります。なお、図書館は、これまでケラー・センターの東棟に位置したものを移転したもので、従来の倍の広さを誇る快適な学習スペースに生まれ変わりました。また、アドミッション・オフィスも移転しており、フュークアをビジットされる受験生の方々にとっても、重要な玄関口となっております。

フュークアは、最新のテクノロジーを使用して最高の学習の場を提供していることを自負しており、設備としてはビジネススクールの中でも最高の部類です。

環境

フュークアを含むデューク大学のキャンパスは、米国中南部のノースカロライナ州ダーラム(Durham)という町にあります。

ダーラムの気候は、四季が比較的ハッキリしているという点で日本の本州に似ていますが、梅雨はなく、日本に比べると風もあまりないため、一年を通して天気が良い日が多く、その豊かな自然環境のもと、ほぼ一年中アウトドアやスポーツ活動を楽しむことができます。また、ダーラムは、東西に長いノースカロライナ州のちょうど真ん中に位置しており、夏は、州の東側にある大西洋岸のビーチに行ったり、春・秋は、西側にあるアパラチア山脈でハイキングや紅葉を楽しんだりすることができます。

ダーラムの人口は約20万人で、隣町のチャペルヒルと州都ラーレーと共に、アメリカ内の都市の生活の質を評価するランキングでは、常に上位を占めています。また、その3つの町に囲まれる地域をTriangle Research Parkと呼び、州の積極的な誘致活動の下、IBMやシスコシステムといった世界的な企業の大規模な研究所が多く設立され、Duke大学を含めた周辺の大学との産学協同地帯となっています。その関係から、生活圏内に大きなショッピングセンターがいくつもあり、大型スーパーから生鮮食料品店まで、ほぼ何でも揃っているため、生活面で苦労することはほとんどありません。また、レストランも、ファミリーレストランから、インド、中華、イタリアン、ブラジルなどなど、多種多様な選択肢があり、もちろん、数は少ないですが、日本食のレストランや日本の食料品を扱うようなアジアンスーパーマーケットもあります。

ダーラム市内から最寄の空港(RDU:ローリー・ダーラム国際空港)までは、車で20分ほど。飛行機を使うと、ニューヨークまでは1時間、シカゴまでは2時間半、車で、ワシントンまでが4時間ほどという距離ですので、旅行でこれらの大都市を訪れる事も比較的容易にできます。