• HOME 
  • > スクール概要 

スクール概要

デューク大学フュークア・スクール・オブ・ビジネスの概要

デューク大学フュークア・スクール・オブ・ビジネスは、経営学の教育と研究に対し、非常にユニークなアプローチをとっています。フュークアは世界のビジネススクールの中でも上位10校以内の地位を占めており、ビジネス・ウイーク誌からはNo.1だと評価されています。フュークアは、さまざまな教育手法を通して、非常に高度なビジネス教育を実践しています。

アメリカのビジネススクール上位校の中で、フュークアは最も若く、活気があります。1970年に優秀な12人の学生を最初に受け入れて以来、現在では1000人程度の学生を毎年受け入れるまでに成長しています。フュークア・スクール・オブ・ビジネスでは、以下のプログラムの選択肢を用意しています。

1. The Duke MBA (daytime) program
2. The Duke MBA – Global Executive program
3. The Duke MBA – Weekend Executive program
4. The Duke MBA – Cross Continent program
5. Ph.D. program

さらに、毎年2000人を超える世界のトップ企業のマネジャーやエグゼクティブが、フュークアのエグゼクティブ用の教育プログラムに参加しています。

1999年の10月に、デューク大学はドイツのフランクフルトに、フュークア・スクール・オブ・ビジネス・ヨーロッパを開設しました。このキャンパスは、The Duke MBA – Cross Continent programの本拠地として使用されるとともに、将来にはエグゼクティブ用の教育プログラムにも使用される予定です。